男性

精神的な負担も少ないマウスピース矯正で理想的な歯をゲット

高額でも良質な治療法

歯科

費用には医療費控除や分割払いをしてくれる医院選ぶなどで支払い負担を減らすことができます。インプラントは進化し続けています。しかしオーダーメイドのため費用は下がることはないと思われます。しっかりと費用対効果を考えることが必要です。

詳細

見えない矯正で理想を実現

歯医者

自分に合った種類を選ぼう

歯への美意識が高まっている昨今、矯正はもはや当たり前の風景になってきました。その中でも、透明なマウスピースを使って行われるマウスピース矯正は、目立たずに美しい歯並びを実現してくれると人気が高いです。 マウスピース矯正と聞くと、マウスピースの種類は一つだけと思い込んでいる方も多いのですが、実はいくつかの種類があります。それを、矯正したい場所や歯並びの程度、その他によって使い分けることが、美しい歯並びをより患者さんの負担を少なく実現するコツなのです。 例えば、マウスピースによって作成時間が短かったり、長かったり、あるいは1日の装着必要時間も異なってきます。こうした点を踏まえて、自分の状況に合った種類のマウスピースを利用しましょう。 欧米では矯正治療の中心となりつつあるマウスピース矯正、近い将来、日本でも矯正治療の中心となる日が訪れるのではないでしょうか。

デンタルケアは忘れずに

自分で取り外すことが可能で、ワイヤー矯正に比べると不快感や痛みも少ないマウスピース矯正、特に仕事柄矯正装置を見られたくない方には、うってつけの矯正装置でしょう。 このように何かと便利で快適なマウスピース矯正ですが、注意したい点もあります。マウスピース矯正の良い点は、矯正装置であるところのマウスピースが、クリニックヘ行かなくとも自分で取り外しができるところです。しかし、あまりに快適なので、つい取り外してそのまま忘れてしまうと矯正が全く進みません。必要時間はしっかりと装着するように注意しましょう。 また快適だからといって、お口のケアをしなくとも良いということにはなりません。矯正中は外せる利点を生かして、しっかりとデンタルケアを行いましょう。 マウスピース矯正の良い点を生かして、すてきな歯並びをゲットしましょう。

歯の側面を綺麗にしよう

わらい顔

デンタルフロスは歯と歯の間に入れ、歯の表面に沿うようにして動かすことで歯の側面の汚れを取り除くことが出来るデンタルケアアイテムです。2つのタイプがありますので、使いやすいものを選びましょう。基本的にデンタルフロスは使い捨てです。

詳細

歯の根の治療

歯医者

歯の根っこの部分に施す治療のことを「根管治療」と言います。慎重に行う必要があるため、治療には時間がかかることもありますが、最後までしっかりと治療を受けるようにしましょう。また、定期検診を受けることも重要です。

詳細